楽しい子育て

「こどもは反抗するもの」と思ってたら、こどもを扱いにくいなんて感じなくなる

子供の反抗期
みか
みか
ごきげんよう!さとうみかです。

こんな人へおすすめ

  • 反抗期に疲れてしまった
  • 反抗期を迎えるのがこわい
  • 反抗期のこどもへ愛情をもって接したい
  • 反抗期の子供へ冷静に対応できない
  • 安心しながら子育てしたい

長女の4月から新4年生です。

最近は、「ちょっと生意気やな〜」と感じる場面は増えてきました。

思春期の前のプレ反抗期がやってきたのかもしれません。

その件でこんなことを感じました。

反抗期=人生を豊かにしてくれるもの

こんな風に捉えると、「反抗期は扱いにくい」「思春期って厄介」なんて感じなくなります。

子供の成長に感謝が溢れてきます❤️

子供への愛も溢れてきて、いけいけー!って応援できます❤️

「子供は反抗するもの」と思ってたら、子供を扱いにくいなんて感じなくなる

世の中では「反抗期が厄介だ」「大変な反抗期をどう乗り切るか」という感じで扱われていますが、これって反抗期に対する認識がネガティブだからです。

反抗期=悪いもの・避けたいもの・親の試練

そんな定義を持っているからです。

私が今回感じたのは

みか
みか
反抗期って、とっても大切なもの。必要なもの。

っていう実感です。

よく心理学の世界でも、「反抗期は必要」と言われていますが、実体験として「ほんまにそうやな〜」と深く納得できますし、だからこそ「反抗期=試練」だとは思わないです。

反抗期=人生を豊かにしてくれるもの

そんな風に思ってます。

長女の反抗をみて感じること

長女は、昔から優しくて素直な性格で、私をいつも信頼していくれているのを感じていますし、私が何かをお願いすると聞き入れてくれます。

お手伝いも率先してやってくれたり、私が買い物から戻ると玄関まで来てくれて、買ったものを運んでくれたりします。

三女の面倒も、よくみてくれたりするので、最近は私の右腕くらいに家のことをやってくれていました。

そんな中で、少しずつなんですが「自分のペース」を大切にし始めました。

何かをお願いした時に「今無理〜〜」と言われることが増えました。

「買い物行く?」と聞くと、今まではいつも一緒に付いてきていましたが、「今は行きたくない〜」と断ることも増えてきました。

お出かけする場所も、私が提案する場所には、いつも乗ってくれていたのが、「ここはイヤ。○○がいい。」と。

私の意見よりも、自分の好みやペースを大切にするようになったな〜と感じてます。

まだまだ本気の反抗期ではないけど、今までとは明らかに対応が違ってきた長女です。

断られた時は「なんでやねん!」と、イラっとしながらも、長女の成長を感じて、なんだかうれしい気持ちもあります❤️

私が今願うことは

みか
みか
  • もっともっと私と自分の意見の対比を感じて欲しいな〜
  • 私と意見が違っても、遠慮しないで自分の意見を大切にして欲しいな〜
  • どんどん反抗して、自分をつくっていって欲しい

だから、今は長女のプレ反抗期を目の前にして、「いよいよ始まるか〜」と、安心してワクワクしている私です(笑)

親の「在りかた」次第。子どもが「幸せな人間」に育つ方法 朝の自己対話タイムをたっぷりとったら、やっぱり1日の運びが全然違うー。 最近は、WP関連でガンガン行動してるけど、ガンガン行動...

私自身がしっかり反抗期をやりきったから、自分の子育てでも安心できる

なぜみんなは反抗期がいやなのか?

なぜ私は反抗期がイヤじゃないのか?

って考えてみた時に、思い浮かんだのは「私自身の反抗期があったから」ということ。

私自身の反抗期は、10代丸々使ったくらいで、何年も続きましたし、家出もしたし、とことん親が嫌いになりました(笑)

毎日毎日、お母さんと小競り合いの日々。

お母さんは「親に向かって反抗するなんて何様やねん。」という意見の持ち主。

私自身は「親がなんやねん。何様やねん。」というスタンス。

ぶつかって当然(笑)

心底嫌だったのは、「親が自分の意見を押し付けてくること」

みか
みか
私には私の意見がある!親の意見は不要だ!

と奮闘していました(笑)

当時は、ほんとに親も私も家族全体が疲弊してしまうくらい、小競り合いが絶えなかった状態だったのですが、今振り返ると、あの時期に今の私の土台が形成されたんやな〜と理解できます。

だから、ぶつかってくれた親には感謝してます。

みか
みか
あの反抗期がなかったら、今の私の幸せな生活はなかった。

あのぶつかりがなければ、「私は私の意見を大切にして生きていく!」という、生き方の土台がないまま、人生を進めることになって、他人の意見に流されながら疲弊していたのかもしれない。(あくまで想像ですが・・・)

これまでセッションして、「他人の顔色を伺って生きづらい」という人は、たくさんいましたが、だいたいが親に反抗できない人々でした。

子育てで悩んでいる人も、親に反抗できないという人が多かったんです。

セッションをする中でも、「反抗期って、豊かな人生には必須やな。」と実感してましたが、この確信がどんどん強くなってきています。

勉強ができないと子どもの将来はかわいそう・・・なのか? 今日は、 子供の勉強と親のスタンスについて。 たくさんのママたちとお話ししていると よく言われるのが 「勉強ができないと幸せ...

こどもは親に反抗するもの

反抗期を恐れている人たちは
「子供は親に反抗してはいけない」を持っている人です。

これは確実にそうです。

自分に対しても、親に反抗してはいけないと決めている人。

そういう人は、他人の顔色を伺って生きづらさを感じていたり、子育てで悩んで疲弊していたり、とにかく「我慢」しすぎて疲弊している人が多いです。

だから、私は「親には堂々と反抗したほうがいい!」と思ってます(笑)

親に反抗したことがある人で、それを自分で責めてない人は、「子供は親に反抗しても大丈夫!」って知ってます。

だから、安心して子供の反抗を受け入れられるし、許せます。

私自身は散々反抗してきたので、「こどもとは、親に反抗するもの」って思ってますし、そこに不安ってないです。

「反抗期は、親の試練である」と思っている人は、一体どんなことが試練なのか?
一度、自分が恐れていることを知ってみたらいいです。

毎朝15分のノート術*望む未来をつくる「モーニングページ」の効果 今日は、私がいつもやっている朝の習慣の「モーニングページ」をご紹介します。 私はこのモーニングページを1年以上続けています...

きっとそこには「子供を思い通りにしたい」「私好みに育って欲しい」という思いがあるのかもしれません。

みか
みか
それって無理です!

他人を自分の思い通りに生きさせるとか、自分好みに生きさせるって、ハナから無理です。

それは諦めてください。

結局は、子育ての苦しみって
こうやって自分自身で作っているんですね。

子育ての苦しみから抜け出す方法【子供の行動は管理できない】子育ての苦しみって 親が子供を管理しようとするから 苦しみが生まれているって思います。 子供を管理することを諦めたら グッと子育ては楽しくなります♡...

親が子供にできることは 反抗期をやり切らせること

親はどんなスタンスがいいかというと

どん!と構えておくこと

これだけです。

親自身も自分の意見をしっかり持ち、子供との対比を感じる。

自分の意見を子供に押し付けない。

「私の考えはこう。あなたの考えはこう。」

違いを認め合う。

違いを認め合うことって、大人になってから社会へ出た時に、豊かな人間関係を作っていく上で、とても重要です。

みか
みか
大人になってからも、違いを認めることって、とっても難しかったりしますもんね〜

反抗期の時期に、親と一緒にぶつかり稽古をしてたら、社会に出ても逞しく生きていける。

親に堂々と反抗できる人間は、自分の人生を逞しく切り拓いていけます。

反抗期の子育てで悩んでいる人は、こちらの本もおすすめです。
親や教育者のあるべき在り方が学べます。

まとめ

  • 反抗期=人生を豊かにしてくれるもの
  • 子どもは親に反抗するもの
  • 反抗期をやり切ることで、違いを認め合える人間に成長する
  • 親ができることは、どん!と構えて、一緒にぶつかり稽古をすること

こんな風に捉えると、「反抗期は扱いにくい」「思春期って厄介」なんて感じなくなります。

子供の成長に感謝が溢れてきます❤️

子供への愛も溢れてきて、いけいけー!って応援できます❤️

みか
みか
今日も読んでいただいて、ありがとうございました♡
ご感想はLINETwitterまで〜♡

運営メディア

note

note

micaRadio

YouTubeより気軽に喋ってます。雑談とかオラクルカードとかその日の閃きとか♡

ameblo

アメブロ

Instagram

youtube

Online shop

cream