幸せになる方法

自己対話の時間が減ると、心の潤いが消えていく→ギスギス人間

心の潤い
mica
mica
ごきげんよう!micaです。

こんな人におすすめ

  • なにをやっても満たされないな〜と感じる
  • 子供を可愛く感じられない
  • 毎日仕事に行くのが嫌すぎる
  • 人生が色褪せてみえる

これまで、ずっと
「自己対話はいいよ〜」
「ノートタイムはいいよ〜」と
お伝えしてきていますが

セルフカウンセリング
ノートに書くだけ!自分で自分の悩みをクリアにするセルフカウンセリング自分で自分の悩みをクリアにできたらいいな〜 モヤモヤして悩んでいる時間を少なくしたいな〜 自分で自分の答えをみつけたいな〜 悩みに振り回される人生はやめたいな〜 そんな願いが叶う記事です。...
毎朝15分のノート術*望む未来をつくる「モーニングページ」の効果 今日は、私がいつもやっている朝の習慣の「モーニングページ」をご紹介します。 私はこのモーニングページを1年以上続けています...

ここ最近、私自身がそういう自己対話タイムを捻出できないで過ごしていて
一気に心の潤いが消えていくのを体験したので
blogに書きますね。

何をしても楽しくない毎日から、一気に楽しい日々をつくる方法をお伝えします。

自己対話の時間が減ると、心の潤いが消えていく→ギスギス人間

まず一番実感しているのがコレ。

自己対話の時間が減ると、途端にイライラする。

  • 日中色んなことを丁寧にできない
  • 子育てでもイライラ
  • 仕事の楽しさも激減
  • 大好きな手帳でさえ、めんどくさく感じる
  • 日々の生活が色褪せて見える
  • 何をやっても楽しくない
  • なんだかわからないけど、枯渇感がある

そんな感じです。

全てが色褪せて見える感覚で、前まで楽しかったことが、楽しく感じられない。

こういう人って、けっこう自覚ある・なしに関わらず、たくさんいると思いますが

原因は「心の潤い不足」です。

うん、もうこれは、わかりきってることです。

自分でもイライラしながら
色褪せ感を感じながら

mica
mica
ああ、これは明らかに自己対話不足やな。

ってわかっていました。

私の心の潤いとは

私の自己対話タイムは、かれこれ2年くらい「朝」にやってきました。

家族より早起きをして、その時間でゆっくりと楽しむ・・・♡

好きな音楽を聴いて
ミルクティーを淹れて
好きなノートや手帳に向かう。

そんな風にして
自分の心の声を聴いていると

blogに書きたいことが湧いてくる。

そして、blogやInstagramに発信をする。

わたしにとって

  • 自分の心の声を抽出すること
  • それを発信すること

これが私の心の潤いを生み出していることが
今回でよりクリアに実感しました。

心に潤いがないと
なにをやっていても「楽しい」と感じられない。

花の美しさを感じられない。

生きる喜びを感じられない。

これって
ちょっとした「病-ヤマイ」やな〜と
ぼんやり思ってた矢先に

ぴったりな情報をみつけたところです!

何をやっても枯渇感に陥るのは、「無明の闇」という病だった

これはたまたま、ふと調べたことから繋がったこと。

アメブロに書いちゃったんですが

幸せの特効薬

無明の闇とは
無いときは無いことで苦しんで
欲しいものを手に入れようとしますが
有れば有ったでまた新たな苦しみが出てきてしまい
いつまで経っても心からの幸せを感じられない状態。

仏教の言葉なんですけど、「何をやっていても楽しくなくて、枯渇感を感じる状態」って、やっぱり「病」だったんです。

親鸞聖人は、この病は感謝の気持ちで「南無阿弥陀仏」を唱えることで完治する、と説かれています。

無明の闇から脱するために必要なこと

私が思うのは、この病の状態から脱するためには

mica
mica
まず、自覚すること!

やなと思いました。

  • お金がないから枯渇を感じるんだ
  • あの人がおかしいから、私は苦しいんだ
  • 子供がわがままだから、私がしんどいんだ
  • 夫が分かってくれないから、私は悲しい

こんな風にして
自分のしんどさを外側の何かのせいにして生きている状態が「病」である。

外側の状況がしんどさの原因なのではないことを知る。

喜びを見出せない心の状態だから、つらさ・しんどさしか感じられない

心の状態が先で、感じることはその後に生まれているってこと。

高熱でしんどい時やお腹が痛い時を想像してみたらわかりやすい。

そんな体調不良の時には、どんなにおいしいものを食べてもおいしくないし、どんなに好きなことをしても楽しくないですよね。

そういう心の状態であるということ。

だから、外側がどんな状態であろうと関係ないということ。

お金がないとか・あの人の言動は、
自分のしんどさと関係がないということ。

問題なのは、あなたの心の潤い不足!

このことを自覚することで
そのしんどい状態から抜け出せます。

外側をなんとかコントロールしようと翻弄して疲弊することがなくなります。

自己対話が心の潤いをつくる

親鸞聖人は、感謝の気持ちで「南無阿弥陀仏」と唱えることで

「心が潤い→生きる喜びを感じられる心になる」

と説かれていますが

仏教の心得がない人へ、それだけを伝えることは、ちょっと強引かなと感じます。

万人に当てはまらないというか・・・

私が思う「心の潤いとは、自分の心に寄り添うこと」

  • 心の声を自分で把握する
  • 自分が感じていることを自覚する
  • 心で感じていることを、外に出す(書く)

私は仏教をちゃんと学んだことはないので、これは想像ですが

仏教と共に生きることで、自分の心と向き合う時間を持っているんじゃないかな〜と予想してます。

親鸞聖人が、何をどう考え・何を思い、その結果「無明の闇からの抜け出し方」を説かれたのか、そのプロセスには興味はありますし、考え方はとても好きなんですが、「無明の闇」から抜け出す具体的な方法は、「南無阿弥陀仏」以外にもたくさんあると思ってます。

「無明の闇、撲滅作戦」は大好きですが、どんなツールを使うかは自由に選びたい(笑)

なんでも公式に当てはめようとすると、自分の心と向き合わなくなる。

むしろ、具体的なツールは、自分の心にフィットするものを、自分でみつけることが一番いいと思う。

それをみつけるプロセスとしての自己対話。

そのプロセスの中で、いつの間にか「無明の闇」からは抜け出せているはず。

一番大切なのは、「自分の心をないがしろにしないで、感じられる心に戻る」ということなので、外側ではなく自分の心を常にみておけば、無明の闇からは抜け出せます。

だから、「自己対話の時間を持つ」というのは、病から抜け出すためのただの「プロセス」であって「方法」ではないということ。

自己対話というプロセスを経て、どんな具体的な方法を生み出し・たどり着けるかはその人のオリジナルです。

私自身はダイレクトに、心に向き合い→心の声をこうやって発信することで、どんどん心の潤いを生み出せているな〜と感じていますが、違う方法にたどり着く人だっているはず。

これは「自分の好み」に意識を向けるからみえてくるものですね。

まとめ

今日のまとめはこちら。

心がギスギスして、何をやっても楽しくない状態は、心の潤い不足。
自己対話の時間を確保して、心の潤いを生み出し、感じられる健やかな心を取り戻そう!

なんだか満たされないな〜という時は、「無明の闇」という言葉を思い出したいです。

mica
mica
今日も読んでいただいて、ありがとうございました♡
ご感想はLINETwitterまで〜♡

 

運営メディア

note

note

micaRadio

YouTubeより気軽に喋ってます。雑談とかオラクルカードとかその日の閃きとか♡

ameblo

アメブロ

Instagram

youtube

Online shop

cream